最軽量 YAMAHA MS-250ALS 譜面台

最軽量 YAMAHA MS-250ALS 譜面台のレビュー

 

数ヶ月、軽量な譜面台を探していました。ようやく発見しました。

さすが日本企業のYAMAHAさん。軽さは正義とわかってらっしゃる。

 

一般的は、譜面台は、1キロを超えてきますが、これは、なんと600g台。この軽量化はかなりインパクトがあります。

初めてこれを持つと、かる!!と思います。

アルミ製の譜面台をご紹介いたします。

 

立っているとこんな感じです。

 

DSC01757

DSC01758

 

僕は、この抑え部分が重量と思っています。

抑えがないような譜面台もありますが、非常にストレスです。

これが、左右にあれば、厚めの本でも問題なく、開くことができます。

 

DSC01759

 

角度調節は、ギアが噛み合うような仕様になっています。

しっかり、ギアが離れるまでネジを回さないといけないので、少々億劫かもしれませんが、

角度を細かく調整できるので、こちらのタイプの方が僕は、好きです。

別のモデルで、角度調整が簡単なタイプもありますが、微妙に角度が合わないことがあるため、微調整をしたい人は、こちらをおすすめします。

 

DSC01760

 

例えば、ジャズを演奏している人は、大抵持っているだろと思われるこの本。スタンダードをまとめたもので、とても分厚いです。

 

DSC01761

 

それでも問題なく、この通り。綺麗にひらけます。

 

DSC01762

 

足の部分は、このように開くことができます。

 

DSC01763

 

折り畳みも簡単です。引っ掛かるようなところもありません。

 

DSC01764

 

折り畳んだところ。

 

DSC01765

 

長さは、さほど短くはありません。

 

DSC01766

 

ケースに入れて、重量は、657gです。

 

DSC01767

 

以下のように、右のショルダーストラップが付いている方は、角度調整が簡単にできるモデルです。