ヘッドフォン DT1990 レビュー

beyerdynamic DT 1990 PRO

 

久しぶりに開放型なんて、洒落てやってみようかと思いDT1990を購入しました。

まずは、開封シーンをどうぞ!

 

DSC00850

DSC00851

DSC00852

 

スーツケースに入れるならば、キャリングケースが役に立ちます。

DT1990は、後述の理由から、すぐに手放し、今は、DT1770(レビューは後日)を使用していますが、

僕は、TUMIのDJバックパックのトップのハンドルに、本体をそのまま引っ掛けるだけ持ち歩いています。

 

DSC00853

DSC00854

 

カールコードとストレートがついています。カールコードは、重たいので、僕はあまり使いません。

 

DSC00855

 

リケーブル可能な、汎用性のある、Mini XLRです。

 

DSC00856

DSC00858

DSC00860

さて、サウンドですが、制作にはとても良いです。

しかし、開放ゆえに外からの音がガッツリ聞こえます。特に、窓を開けていると、外の音がうるさくて、作業にはなりません。

屋外のカフェなどでは、当然音漏れします。

そして、何より、自分の声やサックスの音は、盛大に聞こえます。そのため、音どりには向かないと即座に判断し、新品同様で、手放しました。ちゃんちゃん。

 

次回は、DT1770のレビューをお楽しみください。涙。

 

 

Related Posts