Rolleiflexで撮るライカの街とライプチヒ

ちょっと前まで、中判カメラをメインカメラにしていました。(現在は、映像の仕事で使う、ソニーのα7Siiiとライカのスクリューマウントのみです。)

当然のことながら、フィルムなので、現像が必要で、ものとしても残ります!

 

昔の中判カメラは、テクノロジー好きには、たまらない魅力があります。

また、中判リバーサルフィルムは、ちょうど、iphoneでインスタを見ているような、サイズのフィルムなので、見ていて楽しいです。

使用していたカメラは、ローラーフレックスというドイツのカメラです。ちょうど50年代の全盛期に作られたものです。

 

Rolleiflex 3.5F Planar 75mm

 

香港のカメラ屋さんで、見つけたミントコンディションでした。

からシャッターを切るだけで楽しかったものです。

 

IMG 2436

IMG 2437

IMG 2438

IMG 2439

IMG 2440

IMG 2441

IMG 2442

 

2眼カメラは、こうやって、上からのぞいてピントを合わせます。

 

IMG 2443

IMG 2444

IMG 2445

 

ライカの故郷の街で、オスカーバルナックが最初に35mmで撮影した場所を同じアングルで、撮ってみました。

 

62010001

 

ヴェッツェラーの街並みです。

 

62010003

62010005

62010006

 

ここからは、場所が変わって、僕の第二の故郷ライプチヒです。

この店は、有名な珈琲店です。世界最古のコーヒーショップとも言われています。

ここのケーキが最高なのです。

 

62010007

 

この家は、僕が住んでいたところです。

 

62020006

 

いつもパイプオルガンを聞きに行っていた教会です。

 

62020010

 

毎日のように歩いた街並み。

 

62020011

 

僕が住んでいたのは、2008-2009で、このショットは、それから10年後に撮影したものです。

街並みは、大きく変わっていて、新しいビルもたくさん立っていましたが、街の構造は変わっておらず、

10年ぶりにこの地を訪れましたが、グッとくるものがありました。

 

62020012

 

正面の塔のようなものが、中央駅です。

 

62020009

Related Posts